口コミ Arkansas Freeway式blog -アーカンソーフリーウェイ式ブログ- - TAMRON_AF_28-300mm_F/3.5-6.3_LD_ASPHERICAL
FC2ブログ

Arkansas Freeway式blog -アーカンソーフリーウェイ式ブログ-
Arkansas Freeway式blog -アーカンソーフリーウェイ式ブログ-

cameraddict達の雑記用ブログです 
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

2010.11.22[月] 荒野を往く

2010Nov22003
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO

2010Nov22002
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO

2010Nov22001
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO















目標とするところがあって、そこにたどり着くにはそれなりの努力が必要で、そこにどうしようもなく辿り着きたいって思ってるのに行動しないのは「逃げ」でしかないのかもしれない。

とりあえず、やってみるってのも手なのかもしれない。
でも、それには、それなりの勇気も必要で、いろいろとシガラミがあって・・・。


自由に生きるには犠牲が多いな。













by くま
スポンサーサイト




ランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、
とってもありがたいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
    01:07  Trackback : 0  Top

2010.07.27[火] 日本一周ツーリング 北海道編 12日目(2010年7月5日) 美瑛(蜂の宿、十勝岳)

12日目 2010年7月5日月曜日


起きたのはみんなほとんど同じころ。空はもう明るかったし、鳥は囀っていたし、テント張っているときと同じ感じで目が覚めました。身支度を終えて、水や食料を買いにセイコーマートに行って、登山の準備して・・・準備しながら、ほんとに行くのかよ、と驚いてみたり。


蜂の宿には軽と軽トラがあるのですが、7人は乗れないので、我々はバイクで行くことに。荷を下ろしてあるので大分楽に走れます。20分くらいでしょうか、道道966号~十勝スカイラインを走っていきました。スカイラインからは十勝岳を眺められると思ったのですが、頂上付近は雲に隠れていました。



IMG_1566.jpg
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
十勝岳にて。出発前の大さん



PA(パーキングエリア)の高度は900mほどで、実際に登るは1000mほどなので前に登った利尻山よりは断然楽だよ、としゅーとが教えてくれます。PAから直ぐに登山道になっていて、利尻山とは違い、樹林帯がありません。登山道は大粒の石や岩が転がっていて歩きにくいのですが、登りやすかったです。非難小屋まではみんな一緒に進めたのですが、本格的に傾斜が厳しくなってくると歴然とした差が出てきました。チャリダー(たつみさん、師匠、みずっち)の3人はスタスタとまるで平坦な道を歩くかのように登っていくのに対して、私やマスターや大さんは、私たちを気遣ってゆっくり歩いてくれてるしゅーとの後を付いていくっといった風です。ガレ場になればなるほどその差はどんどん開いていってましたね。そしてこちらが片で息をしているのに対して、自転車乗りの3人の体力は流石といった感じで、息切れすらしてませんでした。峠越えのほうがよっぽど辛いとか。大さんは身体的な理由で無理はできないので最後まで一緒に登るってことはできなかったのが残念でしたが、なんとかチャリダーの続いて登頂できました。



IMG_1578.jpg
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
十勝岳にて。登頂時の様子



山頂でゆっくりする予定でしたが、なぜかそこだけ大量の虫(ハエやらアブやら蚊やら変な虫やら)がいたので、カロリーだけちゃんと摂取して下山しました。今度は体力はそれほど使わないので、チャリダーと同じペースでしたね。先に下っていた大さんと非難小屋で待ち合わせ、駐車場までゆっくり下りていきました。


向かった先は吹上温泉。無料では入れる温泉です。PAからちょっと走ったところにあるので汗を流しにみんなで行きました。まぁほぼ蜂の宿面子の貸しきり状態ですね。後から星観荘で知り合ったハーレー乗りのおじさんと再会したりして思い出話したりしました。登山して疲れきって温泉につかったもんですから、帰路は眠い眠い。半分、どういう風に走ったか覚えてないくらいでした。戻って直ぐに昼寝だねーなんて話して、本当にみんなで昼寝してましたね。


起きたらもう夕方で、みんな腹減りだったので、列車(蜂の宿の居酒屋)で夕飯をいただきました。さて明日は出発かーなんて、ちょっと遠くを見るようにここでの思い出に浸ってみたり。北海道旅行で一番何が楽しかった?って聞かれれば、間違いなくここでのこと、と答えるでしょうね。確かにいい景色にもたくさん出会いましたが、やっぱりここでであった人のあったかさって言うのが一番の思い出です。ここに、蜂の宿にあの日にこれてよかったなー。


by くま
目次はこちら

ランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、
とってもありがたいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
    23:08  Trackback : 0  Top

2010.07.20[火] 日本一周ツーリング 北海道編 6日目 サロマ湖(キムアネップ岬)~北見神威岬~クッチャロ湖

6日目 2010年6月29日火曜日

北海道編 6日目 サロマ湖にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
サロマ湖・キムアネップ岬にて


霧、霧、霧。まだ霧がキムアネップにはかかってました。大沼公園でキャンプしたときは朝日と鳥の声で目が覚めたのですが、ここは静か過ぎます。まるで水墨画の世界のよう。静かで風の音もせず、鳥の声も聞こえず、ただどこかでカエルが鳴いてるだけです。この日は早々に出発して、クッチャロ湖を目指すことにしました。道中、ほとんど霧で面白いことが無いので割愛させてください。クッチャロ湖に着いたのが昼過ぎ。今日はここに泊まるつもりだったので、早く着きすぎて、どうしようって感じでした。とりあえず湖の周りを走って時間つぶして、写真とって時間つぶして、ってなことをしてました。そのおかげでとても気持ちがいいライダー夫妻に出会うことができました。奥さんはとても美人で旦那さんも格好いい。どちらも屈託無く話しかけてきてくれて、話が弾みました。知床はすごい快晴でしたよ、と昨日のことを話すと、奥さんが、いいなー、の一言。どうやら知床も霧多布同様天気が悪いことが大半で、晴れは少ないらしいです。ちょうどいい時に行ったんだな。旦那さんがニセコをかなり進めてくるので行ってみようと思いました。あ、そうそう、遅くなりましたがお二方、写真はこんな感じでどうでしょうか。


北海道編 7日目 クッチャロ湖にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
クッチャロ湖にて


北海道編 7日目 クッチャロ湖にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
クッチャロ湖にて


北海道編 7日目 クッチャロ湖にて
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
クッチャロ湖にて


北海道編 7日目 クッチャロ湖にて
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
クッチャロ湖にて


北海道編 7日目 クッチャロ湖にて
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
クッチャロ湖にて















by くま
目次はこちら

ランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、
とってもありがたいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
    07:36  Trackback : 0  Top

2010.07.15[木] 日本一周ツーリング 北海道編 4日目 襟裳岬~昆布刈石展望台~白糠大漁祭り~あやめヶ原~霧多布岬・アゼチの岬

4日目 2010年6月27日日曜日


旅とは移動することである。いや、そうじゃないだろーって意見もあるでしょうね。けど、この日の私の心境はこんな感じでした。とりあえず距離を稼ごう、と。この日の目的地は霧多布。話によると霧多布岬のキャンプ場は万年霧に覆われていることで有名らしいです。霧が多いから霧多布か。っとその前に前日に行けなかった襟裳岬に行ってみました。


北海道ツーリング 4日目 襟裳岬にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 20-35mm F3.5-4.5 USM

北海道ツーリング 4日目 襟裳岬にて
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]

北海道ツーリング 4日目 襟裳岬にて
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
襟裳岬にて


北海道ツーリング 4日目
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
なんとなく記念撮影


北海道ツーリング 4日目
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
途中で出会った、いい感じの牧場


北海道ツーリング 4日目 昆布刈石展望台
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
昆布刈石展望台(ダートコースの途中)にて



R336を終点まで行き、そのまま見晴らしのいいダートコースを走りました。何気に初ダート。なかなか楽しいですね。この時から積極的にダートに突っ込んで行ったけれど、音別のあたりで突っ込んだダートで見事にズボっと。両輪とも1/3くらいが砂利に埋まって身動きが取れなくなり、困ってみてもあたりには誰もいなくて、仕方がないから荷を解いて自力で脱出しました。この時から積極的にダートに突っ込むことはしなくなりましたね。


白糠で運良く「白糠大漁祭り」に出くわし、ここでツブを始めて食べました。うまい。けど量は食べれないですね。


途中、あやめヶ原に寄ってヒオウギアヤメの写真を撮りました。馬がいました。

北海道ツーリング 4日目 あやめヶ原にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM

北海道ツーリング 4日目 あやめヶ原にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
あやめヶ原にて


霧多布に着いたのがまだ明るい時間帯。噂通り、霧多布は霧に覆われて・・・いませんでした。驚くほどに快晴。雲ひとつ無い日本晴れ。管理人さんもこんなことは珍しいなんて言ってました。早々にテントを張って近くの銭湯・ゆうゆで汗を流して、「ひらの」って店に行ってウニ丼を食べました。こんなにうまいものだとは思わなかったので感動しました。そのまま、霧多布の反対側にあるアゼチの岬に行って夕陽を撮ってました。キャンプ場に戻り、知り合ったライダーさんたちに、いいところを教えてもらい、以降の旅の参考にさせてもらいました。知床行こうって決めたのはこの時ですね。おじさんたちの武勇伝なんかを聞いて笑ってました。

北海道ツーリング 4日目 アゼチの岬にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM
アゼチの岬にて


この日の走行距離は330kmほど。前日に比べればぜんぜんだけれど、普通に考えたら、走ったほうなんですかね。













by くま
目次はこちら

ランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、
とってもありがたいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
    09:12  Trackback : 0  Top

2010.07.14[水] 日本一周ツーリング 北海道編  3日目 大沼公園~地球岬~襟裳岬

3日目 2010年6月26日土曜日


快晴。この日が本当のこの旅の始まり。30日の昼に最北端・宗谷岬でしゅーとと会うってことに決めて、私は反時計回りに道南→道東を旅することに、この日になって決めました。そう決めて朝の8時に大沼のキャンプ場を後にしたのに、暫くはしゅーとと一緒に走ってたりしてました。それもいろいろあって・・・だったのだけれど、その辺も詳しくはしゅーとに聞いてください。それに途中まで同じ方向、同じ道路を走る予定だったので特に気にもしていませんんでした。結局、八雲あたりまでの50~60kmを一緒に走り、西に折れるしゅーとに手を振って私は更に北上しました。


とりあえず目指すは地球岬。なんでも水平線が丸く見えるらしいのだけれど、今になって思えば、岬からならどこでも丸く見えた気がするな。


胆振国道(R37とR230の重複路線)はなかなかいい道ってメモをとっていたので、ここにも一応書いておきます。反時計回りに北海道を回るってことはライダーにはあんまりオススメではないらしいですね。なぜなら、時計回りに回ったほうが海が近いからだそうで。確かに海を見るには対向車線を挟んで見るしかないのですが、反時計回りに回ったおかげでたくさんのライダーとライダーズサインを交わすことができたので、これはこれでありですね。まぁ、オススメも何も、自分の走りたいように走れば一番いいってことなんですよね。


北海道ツーリング 3日目 地球岬にて

北海道ツーリング 3日目 地球岬にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 20-35mm F3.5-4.5 USM
地球岬にて

地球岬に着いたのが昼過ぎ、写真をパッパと撮って、すぐにこの日の目的地を目指しました。阿呆なことにその目的地は襟裳岬。大沼公園からだと約500kmの距離。海沿いをダーっと走りながら、いい景色を見つけたら写真を撮ってって、ってことを繰り返し、何とか夕焼けが見れる時間帯にえりも町に入りました。流石にこの時間からテントを張りたくなかったので、この日はえりも町内の民宿にお世話になることに。


北海道ツーリング 3日目 襟裳岬にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM

北海道ツーリング 3日目 襟裳岬にて
Canon EOS 5D Mark II with Canon EF 50mm F1.4 USM

北海道ツーリング 3日目 襟裳岬にて
Canon EOS 5D Mark II with TAMRON AF 28-300mm F/3.5-6.3 LD ASPHERICAL [IF] MACRO + Kenko MC SKYLIGHT [1B]
襟裳岬周辺

そのまま夕陽がきれいだったので急いで襟裳岬に向かいましたが、岬に向かう前に結構綺麗なスポットを見つけて写真を撮っているうちに時間が無くなってしまい、岬には行けず終いでこの日は終わります。岬に向かう道は結構カーブが多く、楽しかったので明日も走ろうなんて考えてましたね。













by くま
目次はこちら

ランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、
とってもありがたいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
    22:00  Trackback : 0  Top
プロフィール

Arkansas Freeway


Arkansas Freeway
の雑記用のブログです。

アメリカはアーカンソー州の田舎町ラッセルビル(Russellville)にあるアーカンソーテック大学(Arkansas Tech University)に在学中の
【Nikon D80使いの しゅーと】
【Canon Kiss X3使いの ちさと】
というCameraddict(camera+addict)なくせ者が適当に更新していきます。できるだけ良い作品を撮ろうと日々更新していきますので、お付き合いください。。。

【OB紹介】
Canon EOS 5DMK2使いの くま
Nikon D300使いの けいすけ
Pentax SP1000使いの たかゆき