口コミ 「写真屋」 - Arkansas Freeway式blog -アーカンソーフリーウェイ式ブログ-
FC2ブログ

Arkansas Freeway式blog -アーカンソーフリーウェイ式ブログ-
Arkansas Freeway式blog -アーカンソーフリーウェイ式ブログ-

cameraddict達の雑記用ブログです 
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2009.07.07[火] 「写真屋」

近所の写真好きのオーナーのいる床屋さんで、「写真やってるなら、ここの写真屋さん行ってごらん」と言われた写真屋さんに行って来た。

この間行った山で撮ったフィルムを持っていった。
お店に入って、フィルムの現像とプリントをお願いすると、
「ここは初めて?写真好きなの?カメラは何使ってるの?」と聞かれた。
カメラはニコンのFTNを使ってると答えると、
「おぉ、ニコンか」「今度カメラ持ってきてごらん、見てあげるから」といわれた。

プリントを受け取りに行くときにカメラを持っていった。

「お、持ってきたか。どれどれ…」というとカメラ用の洗剤で外から中まで隅々まで掃除してくれた。
その作業自体はそんなに特別なことをしているわけではないのだけど、その手つきからはなんとなく信頼できる知識と技術を持っていることが感じられた。

カメラの点検と掃除が終わり、プリントを持ってきてもらった。この時点で店内の空気が少し変わった。

俺の撮った写真を鋭い目つきで見られ、
「うん…まだまだだな…」
「まずここらへんは全部色が飛んじゃってるよね? なんでかわかる?」
「ちょっとオーバー気味でしたか…」
「うん。これじゃせっかくの花の色も形もはっきり描写できない。」
「はい…」

「あとこっち、これらは何をとろうとしたの? ぜんぜんテーマが明確じゃないでしょ?」
といいながら写真の周りを紙で覆って擬似的にトリミングして見せてくれた。
いままで印象が希薄だった写真が少し活き活きとした表情を見せた。

結局約24枚の写真の中で褒められたのはほんの数枚だった。
正直言って悔しかった。

たぶん自分はそのときあからさまに悔しげな顔をしていたんだろう。写真屋の主人は言った。

「やっぱりいい写真を撮るにはいい写真をいっぱい見ないとね」

そういって主人が撮った写真や常連のお客さんが撮った写真を見せてくれた。
ジャンルは様々だったが、それぞれの作品を1つずつ丁寧に解説してくれた。

気がついたら1時間近く話しを聞いていた。

それらの作品を見た後で、もう一度自分の写真を見直した。
確かに何も伝わってこなかった。

そこで気がついた。

自分の写真とこれらの作品の違いはメッセージの強さの有無だと。

なにより、その主人から写真に対する情熱を感じた。

フィルム買おうと思った。フィルムを買って、撮って、またここに持ってこようと思った。
フィルムを選んでいると、主人が横から
「これ上げるよ」
といって1本800円以上もするフジのプロフェッショナル用のフィルムをくれた。

感謝の意を表して、
「また来ます。ご教授よろしくおねがいします」というと、
満面の笑みと共に「がんばってね」と言ってくれた。

店を出ると夕焼けが妙にきれいに見えた。



by しゅーと
ランキングに参加しています。
↓をクリックしていただけると、
とってもありがたいです

ブログランキング・にほんブログ村へ
    05:30  Trackback : 0  Top
Trackback
http://arkansasfreeway.blog116.fc2.com/tb.php/213-7ca6f553
プロフィール

Arkansas Freeway


Arkansas Freeway
の雑記用のブログです。

アメリカはアーカンソー州の田舎町ラッセルビル(Russellville)にあるアーカンソーテック大学(Arkansas Tech University)に在学中の
【Nikon D80使いの しゅーと】
【Canon Kiss X3使いの ちさと】
というCameraddict(camera+addict)なくせ者が適当に更新していきます。できるだけ良い作品を撮ろうと日々更新していきますので、お付き合いください。。。

【OB紹介】
Canon EOS 5DMK2使いの くま
Nikon D300使いの けいすけ
Pentax SP1000使いの たかゆき